停電における太陽光発電

停電により電力会社からの電気の供給が止まってしまった時にも、自立運転することにより使用することが出来る太陽光発電システムが多いのですが、使用中の製品が対応しているのかついては、事前に確認しておく必要があります。

あらかじめ停電時に太陽光発電システムの使用出来るかについて知っていないと、実際に停電になった時に必要となる機器や部品などを用意することが出来ません。

また、自立運転が可能なシステムでも自動的に自立運転を開始するものと手動で自立運転に切り換えるものとがありますので、これについても事前に確認しておくことが大切です。自動的に自立運転を開始するものでは、パワーコンディショナが自動的に連系運転を停止して自立運転に切り換わります。日没とともに太陽光発電システムは停止し、翌日太陽が出ると太陽光発電システムは発電を開始します。手動で自立運転に切り換える太陽光発電システムの場合は、手動で連系運転を停止して自立運転に切り換えなくてはなりません。日没とともに太陽光発電システムが停止するのは自動的に自立運転を開始するものと同じですが、翌日システムを自立運転させるためには再び手動で操作をしなくてはならない場合があります。その後停電が回復しましたら、自立運転から連系運転に切り換えなくてはいけません。製品ごとに詳細な操作が違いますので、事前に操作方法を確認しておいて実際に停電が起きた時にも落ち着いて自立運転させれるようにしておかなくてはなりません。

また、自立運転時にパワーコンディショナと接続されているコンセントにしか電力は供給されませんので、注意する必要があります。

太陽光発電システムは太陽光エネルギーを利用して発電をしますので、自立運転が出来るのは太陽が出ている間だけに限られますが、蓄電システムを備えているのであれば、昼間に発電したものを充電しておいて夜間にも電気が使用することが出来ます。最近は、太陽光発電システムに利用できる蓄電システムが発売されるようになりましたので、停電時の対策としても検討する価値はあります。

通常は太陽光発電システムの発電する量以上に電気を使用しても、電力会社からの供給を受けることが出来ますが、停電時は電気の供給を受けることが出来ません。そのため、一度に使用する電気機器の数は制限されます。停電の時にも自立運転ですることで、太陽光発電システムを使用することは出来ますが、計画的に電気機器を使用しないと、効率良く太陽光発電システムを利用することが出来ません。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ