導入にかかるコストは?

太陽光発電を導入する場合には、設置する環境に適した太陽光発電システムを選ばなくてはなりませんが、実際に必要となる費用についても良く検討しなくてはなりません。

太陽光発電システムについては、予算の範囲内で効率良く発電することが出来るシステムを選びます。メーカーによって太陽光発電システムの性能が違いますので、販売業者に設置した際のだいたいの発電量を聞いておいてどのメーカーのものが良いのかを比較検討するようにします。

太陽光発電を導入するためには、太陽光発電システム以外にも設置するための工事の費用や電力会社への手続きにかかる費用などが必要になります。太陽光発電システムは、太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・専用モニターなどがあります。メーカーか用意している資料などがありますので比較もしやすく分かり易いのですが、発電量や設置する屋根などの状態の違いで個々のケースで金額に差が出てきますので、販売店に見積もりをしてもらわないと正確な金額は分かりません。複数の販売店から見積もりをもらって、最適なシステム構成を選ぶことが大切になって来ます。設置するための工事費用については、太陽光発電システム・屋根の状態などにより決まって来ますので一概に言うことは出来ません。

工事の内容は、電気配線関係・太陽電池モジュールをのせるための架台の据付・太陽電池モジュールの据付などがあります。屋根や家屋の状態によっては、補強や補修などが必要となる場合もあります。また、同じような内容の工事でも、業者によって価格と品質が違って来ますので、太陽光発電システムを選ぶ時以上に慎重にならなくてはいけません。

定められた条件を満たした太陽光発電システムを導入するのであれば、国や地方自治体の補助金制度を利用することが出来ますので、負担する費用を軽減することが出来ます。この補助金制度は、地球温暖化などの環境問題の原因となる二酸化炭素の排出を抑えるのを目的としたものです。太陽光発電は二酸化炭素を排出しないことに加えて、石油や石炭などの化石エネルギーと違い枯渇することのないクリーンなエネルギーであるため国や地方自治体が、その普及を促進しているのです。ただ、補助金制度を利用するには、定められた条件を満たした上で、決められた手続きに従って申請をしなくてはなりません。そのため、補助金制度を利用するのでしたら、太陽光発電システムの導入を検討している段階で、申請方法などを調べておく方が良いでしょう。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ