エコキュートとは

地球温暖化などの環境問題が深刻になるにつれて、従来の石化エネルギーから太陽光発電などの再利用可能なエネルギーに注目が集まっています。給湯器についても、ガスや石油の給湯器よりもエコキュートのような新しい給湯器を使用することで、エコに貢献することが出来ます。

エコキュートとは、大気中の熱を利用する電気給湯機のことです。他の方式の給湯器にくらべてランニングコストが格段に安くのが特長です。

エコキュートの動作原理は次のようになります。外気をヒートポンプ内に取り込んだ後で、冷媒で圧縮を行います。冷媒には二酸化炭素が使用されます。圧縮されると高温になりますので、その熱により水を加熱してお湯をつくります。エアコンの暖房機能と同様の原理で、お湯をつくっています。エコキュートと違い従来の電気給湯機は、電気ヒーターを使って水を熱する方式です。エコキュートはお湯を貯めるタンクとヒートポンプから構成され、貯湯タンクから給湯されることになります。浴室・洗面所・台所などに給湯することが出来ますが、お湯は貯湯タンクから来るものですので飲料とするには向いていません。エコキュートは単に蛇口から給湯するだけではなく、自動保温・足し湯・追い焚きなどの機能を持った製品も販売されていますし、各メーカーが特色のある製品を販売していますので、目的に合ったものを購入して下さい。

効率よくエコキュートを使用するためには、適切な容量の貯湯タンクを選ばなくてはなりません。家族の人数に適した貯湯タンクを使用をしないと、たびたびお湯を沸かすことになってしまいます。ヒートポンプ・貯湯タンク・浴槽の距離を可能な限り短くすることで、お湯を冷めにくくすることが出来ますので機器の設置位置を良く検討して下さい。また、ヒートポンプは動作音がしますので、周囲の家にあまり近付けないような配慮も必要となります。エコキュートを効率良く動作させるためには、ファンの近くには物を置かないようにすることも大切です。

エコキュートを設置する環境に適した製品を使用することも大切です。寒冷地では、エコキュートがは外気の熱を利用してお湯をつくるため、外気温が低いとそれだけお湯がつくりにくくなります。また、貯湯タンクや配管などの水が凍結する可能性もありますので、寒冷地用の製品を使用しなくてはなりません。設置する場所と海までの距離が近い場合には、塩を含んだ外気を取り入れることで機器が故障をしやすくなってしまいますので、塩害地用の製品を使用する必要があります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ