太陽光発電パネルに寿命はある?

製品本体や設置工事などにかかる初期費用の検討の他にも、太陽光発電システムを導入する際には売電や買電などについても検討をして、長期間の収支の計画を立てなくてはなりません。

そのため、太陽光発電システムが、どれ位の間使用することが出来るのかが重要となって来ます。想定していた時期よりも前に太陽光発電システムが使用出来なくなると償却の計画も上手く行かなくなると思いますが、数十年も発電を続けている太陽光発電システムもあるように、基本的には長期間使用をすることが出来るものです。太陽光発電システムは、太陽光発電パネルやパワーコンディショナなどの複数の機器により構成されていますので、構成する各機器ごとに寿命やメーカーが保証する期間や内容は異なっています。太陽光を受けて発電を行う太陽電池をつなげた太陽光発電パネルは、20年以上の寿命があると言われています。

動いて磨耗したり損傷したりする部品がないため、本来長持ちする可能性が高いものです。太陽光発電パネルは屋外に出してあるため、雨や積雪などの影響で壊れないかと思われるかもしれませんが、その点はメーカーで入念に研究開発を続けて長期間使用することが出来るようにつくられています。太陽光発電パネルを設置する際にも強風や大雨などにより太陽光発電パネルをしっかり固定できるように、綿密に検討を重ねて設置工事が行われています。また、積雪などが多い地方では、太陽光発電パネルに積もった雪が滑り落ち易いようにする工夫などもとられています。また、太陽光を取り込むためには太陽電池のガラスの表面が汚れていたり何かで覆われていてはいけませんが、雨でよごれやほこりが洗い流されますので特に掃除をする必要はありません。

家庭用の太陽電池モジュールに関しては、国内のメーカーは10年間の保証をしていますし、25年間の保証をしている海外メーカーもあります。太陽電池モジュールの出力についても、明確な値を設定して保証をしています。パワーコンディショナや接続箱などの機器については10年間の保証をしているメーカーが多いようですが、発電状況を見るための専用モニターなどについては1〜2年間くらいを保証期間としています。

利用者がメンテナンスをする必要のない太陽光発電システムですが、より長い間効率良く発電を続けるためには、メーカーによる点検やメンテナンスが欠かせません。また、利用する上での疑問点や問題点などに気付いた時は、出来るだけ早くメーカーに問い合わせて解決するようにしなければなりません。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ