太陽光発電を陸屋根へ設置する

一般の住宅やマンションなどの陸屋根の上にも、太陽光発電をするための太陽電池モジュールを設置することは可能です。もちろん陸屋根や建物自体に強度が必要になりますが、それさえ大丈夫であれば導入することが出来ます。

太陽電池モジュールを傾斜のある屋根に取り付けるのと陸屋根に取り付ける際の違いは、太陽電池モジュールを固定の方法にあります。傾斜のある屋根に設置する場合は、太陽電池モジュールを架台で大きく傾斜させることがありませんので、架台だけで支える必要がありませんが、陸屋根は傾斜がありませんので太陽電池モジュールを適切な角度で傾斜させる必要があるのです。太陽電池モジュールに架台により傾斜を持たせるのは、より多くの太陽光を太陽電池モジュールに取り込むためです。陸屋根にそのまま太陽電池モジュールを置くのでは、太陽光があまり取り込めず効率が悪くなってしまうからです。

設置工事の簡単な流れは次のようなものです。陸屋根のアンカーなど打ち込んだ箇所に防水処置をした後に、コンクリートで固定をします。更に防水処理を施した上に、架台を設置し太陽電池モジュールを固定することになります。他の機器を設置して機器の間の配線を行い、動作検査をすれば工事終了となります。

一般家庭の陸屋根に太陽光発電システムを取り付ける場合は、決められた条件さえ満たしているのであれば、国や地方自治体の補助金制度を利用することが出来ます。設置工事をする前から補助金の申請の手続きを始めなくてはなりませんので、所定の資料などを用意する必要があります。また、国の補助金制度を利用する場合には工事の着工時期や工事完了期限などが決められていますので、それらに間に合うように工事のスケジュールを調整しなくてはなりません。

マンションなどの陸屋根の場合は、日照条件も良く数多くの太陽電池モジュールを設置するための広いスペースが確保出来ますので多くの発電量を期待することが可能であるため、余剰電力を売電することで収入を得ることも可能性もあります。しかし、新築マンションでしたら太陽光発電システムを導入するのも比較的簡単に行くと思いますが、既に入居者は入っているマンションでは、費用等の面で住人の意見をまとめるのが難しくなると考えられます。これらの問題を解決して太陽光発電に向いているマンションなどに、太陽光発電システムを導入が進めば、環境問題の改善に前進することになります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ