国からの太陽光発電の助成金を利用しよう

太陽光発電システムを導入するには導入費用がかかりますが、設置した後は電力会社の電気の使用量が少なくなるため電気料金は以前より小額で済みます。それに加えて売電による収入もありますので、元を取ることも可能です。更に国の補助金制度を利用することで、導入費用の負担を減らすことが出来ます。

太陽光発電システムの導入に関する補助金を利用するためには、まず購入する太陽光発電システムが補助金の対象となるかを調べなくてはなりませんが、太陽光発電普及拡大センターのホームページにメーカーと型番を入力するだけで調べることが出来ます。調べた結果、購入予定の製品が補助金の対象であれば申請の手続きを始めますが、対象でなかった場合は購入する製品を変更するか補助金の利用をあきらめるか決めなくてはなりません。最初から補助金を利用したいのであれば、太陽光発電システムを選ぶ時に補助金の対象である製品の中から選ぶことで間違いがなくなります。

次は、工事を始める前から申請するために必要な書類を用意しておかなくてはなりません。用意したそれらの書類を太陽光発電普及拡大センターに簡易書留などで郵送しますが、提出する書類は郵送する前にコピーをとって保存しておきます。

その後、太陽光発電普及拡大センターから受理番号や完了報告書提出期限などが記載されている受理決定通知書が郵送されて来ますので、受け取ったら工事前の写真を撮っておきます。受理決定通知に記載されている受理決定日以降に、工事を開始します。工事中の写真も必要となりますので、撮影をしておきます。新築では受理が決定した日から7ヶ月以内、既築や建売の場合は4ヶ月以内に電力の受給が開始されなくてはなりませんので、この期限までに間に合わない場合には手続きをしなくてはなりません。

太陽光発電システムの工事が終了して電力が受給されるようになりましたら工事完了後の写真を撮り、補助金交付申請書・住民票・印鑑証明・領収書などの必要な書類を太陽光発電普及拡大センターに郵送します。工事前に郵送されて来た受理決定通知書に完了報告書提出期限が書かれていますので期限内の間に合うように郵送しますが、この提出する書類も郵送する前にコピーをとって保存しておきます。太陽光発電普及拡大センターでは郵送されてきた書類を確認し、約2ヶ月程度で、補助金交付決定通知書が届きます。通知書の内容を確認し補助金の振込があるまで保存しておきます。補助金交付決定通知を受けとってから、1〜2ヶ月程度で申請者本人の口座に補助金が振り込まれることになります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ