太陽光発電ランキングnavi>太陽光発電の蓄電システム

太陽光発電の蓄電システムについて

地球温暖化の問題により、注目を集めている再生可能エネルギーの中でも国の補助金制度や買取制度などの影響で、太陽光発電システムが普及が進んでいます。しかし、現在の太陽光発電システムにも改善しなくてはならない課題はあります。

太陽光発電システムは太陽光エネルギーを利用して発電しますので、夜間などは発電をすることが出来ませんし、曇りの時などは発電量が落ちることになります。そのような時は、電力会社から電力の供給を受けなくてはなりませんので、太陽光発電システムを設置していても電力会社に電気料金を支払わなくてはなりません。このようなことが、太陽光発電システムの課題とされている点です。

しかし、日射量の多い時に大量に発電した電気を蓄電システムに蓄えて、日射量の少なく発電量も少ない時に蓄電システムに蓄えておいた電気を利用すると大変効率が良くなりますし、電力会社から供給される電気を消費する量も少なくなります。

停電をして電力会社から電力の供給がない時でも、蓄電システムがあればより便利に太陽光発電システムを使用することが可能になります。昼間は太陽光発電による電気を使い、夜間は蓄電システムからの電気を使えば不自由をすることがありません。蓄電システムを使用することで、太陽光発電システムをより便利に使うことが出来るのです。

また、太陽光発電システムの昼間に発電した電気を蓄電システムに貯めるだけではなく、電気料金の安い夜間に蓄電システムに充電しておいて、昼間に使うという利用方法も考えられます。このようにすれば、太陽光発電システムだけでは電気が足りない時でも、昼間の電力会社の電気を使用しなくても済みます。

以前は家庭用の蓄電池は性能の問題や価格の面で、一般住宅用の蓄電システムが普及していませんでしたが、最近では太陽光発電システムのメーカーからも、太陽光発電システムと共に使用する蓄電システムが発売されるようになって来ました。そのため、太陽光発電システムに蓄電システムを接続するのが比較的容易になっています。今後、更に性能が向上し購入しやすい価格になれば、蓄電システムがより普及しやすくなります。

このように、太陽光発電システムと蓄電システムを一緒に使用することで太陽光発電による電力だけで生活が出来るようになりますと、石化エネルギーなどの環境や枯渇が懸念されるから脱却してより地球環境にも優しい生活が実現できることになります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ