太陽光発電は夜でも発電できるの?

太陽光のエネルギーを太陽電池によって電気に変換するのが、太陽光発電システムです。全然太陽が出ていない夜に太陽光発電システムを使って、発電をすることは出来ません。夜間に太陽光発電システムの専用モニターなどを使用して現在の発電量を確認してみると、発電をしていないのが分かると思います。そのため、太陽光発電を利用できない夜間は電力会社の電気を使用することになります。

太陽電池という名称から乾電池のように電気を蓄えることが出来るようなイメージを持つ方もいるかも知れませんが、蓄電機能はありません。別に蓄電池を用意しておいて利用することが出来れば昼間の間に太陽光発電システムで発電した余分の電気を蓄えて、それを夜間に使用することも出来ますが、まだ蓄電池は一般の住宅に普及するには至っていません。

複数のメーカーが住宅用の蓄電池を販売していますので、今後の技術革新や市場の拡大により蓄電池が普及する可能性はありますが、現在時点では夜間に太陽光発電システムが使用できないことが課題となっています。また、天候などによって太陽光発電システムが十分に発電出来ない場合も、不足している電力については電力会社から供給してもらうことになります。これらの動作についても、自動的に制御されていますので操作をする必要はありません。太陽光発電システムを導入していても、電力会社から供給される電気を使用しなくてはなりません。

電力会社の電気を使用した分の電気料金を支払わなくてはなりませんが、銀行口座などの取引の内容は、売った電気の金額が振り込まれ、使用した電気料金が引き落とされることになります。太陽光発電システムが発電した量が消費した電力より多ければ利益が出ていることになり、消費した電力が発電量より多ければ電力会社に支払う金額の方が多くなることになります。消費した電力の方が多くても、太陽光発電システムの設置前よりは電気代が少なくなっているはずですので、設置した効果がないわけではありません。

また、節電の工夫をすることで消費電力を抑えることが出来ますので、利益を出すことは決して無理ではありません。現在の発電量や電気の消費量などは、太陽光発電システムの専用モニターで確認してみて下さい。リアルタイムで、発電量と消費量を見ることで節電の意識を高めることが出来ます。夜間は太陽光発電による発電が行われず電力会社の電気を使用しなくてはなりませんので、電気の使用を出来るだけ控えることも大切になります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ