太陽光発電をベランダへ設置する

太陽光発電に関心のある方でも、設置スペースなどの問題で導入が困難なこともあると思います。マンションなどの場合には、太陽光の当たる場所がベランダしかないことも多いと思いますが、ベランダに本格的な太陽電池モジュールを設置するのは難しい面があります。普通の屋根に設置してある太陽電池モジュールを見ると分かると思いますが、ある程度の設置角度を維持しないと、太陽光を効果的に受けることが出来ず本来の発電能力が発揮することが出来ませんので、その分余計にスペースが必要となります。また、太陽電池モジュールと架台などの重量をベランダが持ちこたえるようにベランダ部分などを工事しなくてはならないこともあります。そのようなことを考えますと、実際にベランダに太陽光発電システムを設置出来る方の数は少ないと思います。

そのような方には、ベランダでも使用出来るような小型の太陽光発電システムが販売されていますので検討してみては如何でしょうか。屋根に設置するような本格的なタイプのものではありませんが、ベランダなどのわずかのスーペースに設置出来る製品が販売されていています。小型の太陽光発電システムは、いくつもの種類の製品が販売されていて、その大きさや性能などについても千差万別などの製品の仕様について購入前に確認することが大切です。その製品の大きさや重量、電圧値と出力、蓄電池の有無と仕様などを具体的に知っていないと、購入してから思うように使用出来ないこともあります。

このような小型の太陽光発電システムは、停電時や屋外での活動時にも便利です。周囲に電源がなくても、電気が利用したい時に自由に利用することが出来ます。

ほとんどの小型の太陽光発電システムは、自分で設置をして配線まで行わなくてはなりませんが、説明書を読みながらでも比較的簡単に設置することが出来ます。自分で設置する場合には、太陽光発電パネルの設置の仕方に注意しなくてはなりません。太陽光発電は太陽の光を太陽電池が取り入れて発電をしますので、太陽光発電パネルには、効率良くなるべく長い時間太陽光が当たるようにしなければなりません。

また、設置した太陽光発電パネルが勝手に動いたり下に落ちたりしないように、固定をしておく必要があります。雨に降った日には雨水が外に流れ出さないように注意しなくてはなりませんし、台風などの風に強い日にも対応しなくてはなりません。太陽光発電パネルを外に出しておくと、壊れたり移動してしまう可能性のある時は、可能であれば一時的に屋内に移動することも検討しなくてはなりません。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ