雪国での太陽光発電は問題ないのか?

地域によって日照量は異なりますが、日本全国で太陽光発電システムを利用して発電することが出来ます。北海道・東北地方と九州など南の地域での発電量を比較しても、思った程の差はないと思います。太陽光発電システムによっては気温が上昇し過ぎると変換効率が落ちるため、南の方の地域では思った程発電出来ないこともありますが、寒い地域の方では気温が低いために変換効率が落ちることがありませんので多くの発電量が見込めます。むしろ発電量に違いが出るのは、個々の製品や設置方法が原因とも考えられます。雪国にもメガソーラーが設置されて、十分な量の発電が行われています。そのため、雪国であっても太陽光発電で必要な発電量を確保することも可能ですが、適切な太陽光発電システムを選択してに降雪に対する備えをすることが重要となって来ます。

太陽光発電システムは、太陽光を太陽電池が電気のエネルギーに変換するシステムですので、天候に大きく左右されることになります。太陽の出ていない雪の降っている日には発電することは出来ませんので、雪の日が多かった年は、年間の総発電量が少なくなることになります。しかし、それ以外の季節では問題なく発電することが出来ますので、売電や買電のバランスを保って収益を得ることも可能になって来ます。

雪国で太陽光発電システムを導入する際には、積雪による太陽電池モジュールへの影響にも注意しなくてはなりません。太陽電池モジュールは屋外に出したままにしていますので、モジュールの上に雪が積もる可能性がありますが、積雪による荷重によって太陽電池モジュールが壊れることがないようにメーカーは製造しています。

また、太陽電池モジュールに雪か積もっているままでは太陽光を取り入れられませんので発電することができません。そのため、雪国で太陽電池モジュールを設置する際には、雪が滑り落ち易いように傾斜をつけるなどの工夫がされていますし、太陽電池モジュールが部分的に雪で隠されても安定して発電が出来るようにCIGS太陽電池などを使用した太陽光発電システムが販売されています。それ以外にも、太陽光発電システムに融雪する機能を付け加えるなどの対策なども考えられています。

雪国における太陽光発電システムの導入実績が増えていますので、それに伴い様々な積雪対策が次々と考え出されています。設置する環境にあわせた積雪対策をすることで、より効率的に太陽光発電システムによる発電が出来るようになります。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ