太陽光発電の種類について

太陽光発電システムの機器の構成はだいたいどのメーカーでも同じですが、採用されている太陽電池よって、太陽光発電システムの種類を分類することが出来ます。太陽電池の種類は大きく分けて、シリコンを材料としたシリコン系とシリコン以外の化合物半導体を材料とした化合物系に分けることが出来ます。

現在は材料にシリコンを使用している太陽電池が主流になっています。シリコン太陽電池にには、単結晶シリコン太陽電池・多結晶シリコン太陽電池・薄膜シリコン太陽電池の3種類があります。

単結晶シリコン太陽電池は、シリコンの単結晶を材料として製造されるものです。変換効率が高く性能は良いのですが、結晶構造を整えるため製造コストが高目になります。多結晶シリコン太陽電池は、単結晶シリコン太陽電池と同じシリコンを材料として使用しますが、シリコンの結晶を集めたものを材料とします。単結晶のものより変換効率や性能は良くありませんが、製造コストが安く大量生産に向いています。薄膜シリコン太陽電池はアモルファスシリコン型太陽電池とも呼ばれますが、シリコンの配列に気にすることなく薄い膜状にして使用するため、シリコンの使用量も少なくて済むのが長所です。単結晶シリコン太陽電池と多結晶シリコン太陽電池がシリコン太陽電池の生産量のほとんどを占めています。

化合物半導体を材料とした化合物系は、さまざまな材料を使用して製造されていますが、実際に販売されている化合物系太陽電池としてCIGS太陽電池があります。CIGS太陽電池は銅・インジウム・ガリウム・セレンを原料として製造され、厚さの薄い太陽電池モジュールをつくることが出来ます。

どの太陽電池を使用するかで、太陽光発電システムの特徴が決まって来ます。単結晶シリコン太陽電池を使用した太陽光発電システムであれば、導入のための費用が掛かりますが変化効率が高いのでより多くの発電をすることが出来ますので、売電効果も期待することが出来ます。多結晶シリコン太陽電池を使用した太陽光発電システムであれば比較的導入の費用も抑えることが出来ますが、単結晶シリコン太陽電池を使用した場合よりは、効率が悪いので発電量も少なくなります。化合物系のCIGS太陽電池を使用している太陽光発電システムは、太陽電池の一部が影で隠されても太陽電池の電圧が下がることはありませんので安定した発電を続けることが出来ます。このように太陽光発電の種類による特徴を理解した上で、設置する環境や予算に合った最適な太陽光発電システムを導入することが大切です。

人気見積もりサイトランキング!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ